MUSHU

がんばっぺ福島!

福島酒援・食援×毎日希望奨学金

第1回「がんばっぺ福島!応援の集い」
■日 時: 2016年3月5日(土)14時30分開演   ■後 援: 復興庁、東京都、福島県、福島県酒造組合
■会 場: 東京ビッグサイト(東京国際会議場)レセプションホール   ■協 力: 毎日新聞出版、スポーツニッポン新聞社、福島民報社
■主 催: 毎日新聞社、無洲   ■来場者数: 600名 ■協賛企業:35社
株式会社 無洲 代表取締役社長 浅野 正義

株式会社 無洲
代表取締役社長 浅野 正義

「ゆるやかで、しなやかなお付き合いを」福島酒援・食援の思い

震災直後から通い続けた福島県浜通り。将来に不安を抱えている方々に数多くお会いしました。
しかし、ここ1~2年前からは、大きな変化が見えてきました。「このまま下を向き続けるわけにはいかない」前向きに一歩ずつ進み始めようとする人たちが増えてきました。「このままでは将来につながらない。自分たちで何かを始めよう」と。
心の支えになっていたのは故郷・福島を愛する気持ちだと思います。誰もが「緑の山々、穏やかな人たち。福島に生まれて本当に良かった」と涙を浮かべます。心の奥の深いところから、湧き上がってくるパワーを感じました。
東京に住む私たちに何ができるのか。そんな自問から始まったのが「福島酒援・食援」の活動です。私たちは毎日必ず何かを食べ、何かを飲みます。その時に福島の人たちが丹精込めて仕込んだお酒を、手塩にかけて育てたお米や野菜、お肉を選び、口に運んでみようという運動です。
わざわざ特別なことをするのではなく、普段の生活の中で、福島を感じ、味わうことを意識する機会を増やそうという簡単なことです。一人ひとりの小さな思いが輪となり、継続が大きな支援へとつながります。今回のイベントは毎日新聞社と共催させていただき、35社のご協賛企業と600名のお客様を迎えて行われましたことに感謝いたしております。
「ゆるやかで、しなやかなお付き合い」。この気持ちで今後も、みなさんと一緒に福島と向かい合っていきたいと思います。

会場風景

会場風景

会場風景

会場風景

「がんばっぺ福島!応援の集い」ご協賛企業

ご協賛企業

「がんばっぺ福島!応援の集い」掲載記事

掲載記事

イベント当日のお食事は、福島県内の食材をふんだんに使用して無洲グループの蕪庵が調理しました。

ページ上部へ